【永久保存版】脱毛サロン選び方|300店比較してわかった3大重要ポイント!アイキャッチ画像

以下のページを見ていただければわかる通り、これまでに全国300店もの脱毛サロンを徹底比較してきました。

※上記だけでなく全国の脱毛サロンを徹底調査しています。

300店もの脱毛サロンを比較していると、どんな脱毛サロンが安くて、どんな選び方をすれば最短でおすすめの脱毛サロンを見つけられるのかが明確になりました

なので今回は脱毛サロンの選び方において、どの項目が重要なのかと、重要な理由、注意事項までを徹底解説していきます。

脱毛サロンの選び方【3大超重要ポイント】

脱毛サロンの選び方として重要なのは脱毛料金と脱毛機器と脱毛範囲である

脱毛サロンを選ぶうえで最も重要な3つのポイントを重要な順に解説していきます。

この3つのポイントさえ押さえれば脱毛サロン選びはほとんど完了するぐらい重要なポイントです。

脱毛サロンの選び方【超重要①:脱毛料金】

脱毛サロンの選び方では脱毛料金の安さが最も重要である

重要度:5.0

脱毛サロンを選ぶ際に一番最初に把握するべきで、なおかつ一番重要なのは「脱毛料金」です。

みかさんみかさん

脱毛料金が安いことには”財布に優しい”だけじゃなくてもっと良いメリットがあるのよ!

あいりあいり

もっと良いメリットって?

脱毛料金が安ければ安いほど良い理由

脱毛料金が安いと脱毛効果が低いと思ってしまいがちですが、脱毛料金が安い脱毛サロンほど最新の脱毛機器を使用していて脱毛効果が高いことが多かったのです。

あいりあいり

最新の脱毛機器を導入する費用がかかる分、脱毛料金も高くなるのが普通じゃないの?

みかさんみかさん

最新の脱毛機器はランニングコストがかからないから料金を安くできるのよ!

以下の動画で最新脱毛機器の性能を公開していますが、従来の脱毛機器の約10倍の速さで脱毛でき、1ショットにかかる電気代も約0.1円です。

つまり、最新の脱毛機器は導入に費用がかかるものの、コスパが高いため、お客さんに安い料金で脱毛を提供することができているのです。

実際に300店比較した結果、脱毛料金が安い脱毛サロンは最新の脱毛機器を扱っていることが多かったです。

あいりあいり

脱毛っていくらぐらいだったら「安い」って言えるの?

みかさんみかさん

下の脱毛料金の相場をチェックしてね!

脱毛サロンの料金相場

脱毛サロンの料金相場

回数 料金相場
6回 約13万円
12回 約22万円
18回 約30.5万円
回数無制限 約35.5万円

上記脱毛サロンの料金相場より値段が高ければ「料金が高い」料金相場より値段が安ければ「料金が安い」と覚えておきましょう。

ちなみに300店を徹底調査した結果、最安値だったのは以下です。

回数 料金相場 最安値
脱毛サロン
料金
6回 約13万円 ラココ 69,000円(5回)
12回 約22万円 リンリン 188,000円(15回)
18回 約30.5万円 ストラッシュ 262,440円
回数無制限 約35.5万円 銀座カラー 290,050円

※VIOライン・顔も含む場合の最安値を表示しています。

脱毛サロンの選び方【超重要②:脱毛機器】

脱毛サロンの選び方として脱毛機器も超重要ということを示した画像

重要度:4.5

先程もざっくり解説しましたが、脱毛サロンがどんな脱毛機器を使っているのかを把握するのはとても重要です。

なぜなら脱毛機器は脱毛効果の高さに影響するからです。

ちなみに脱毛効果は以下の式で表すことができます。


脱毛効果の求め方

脱毛効果 = 脱毛機器 × スタッフさんの技術


どんなに優れた脱毛機器を使っていようとスタッフさんの技術が伴っていないと脱毛効果は低くなり、

どんなにスタッフさんの技術が優れていても、脱毛機器が古いと脱毛効果は低くなります。

そして知名度のある脱毛サロンではスタッフさんに研修を受けさせているので、基本的にスタッフさんの技術は高いです。

なので脱毛機器が脱毛効果にほぼ直接影響するのです。

脱毛効果が高い脱毛サロンを選びたい人は「その脱毛サロンが使っている脱毛機器を必ずチェック」しておきましょう。

ちなみに2019年1月現在、最新の脱毛機器は「ルミクスツイン」や「バイマッハ」です。

ルミクスツインもバイマッハも取り扱っているのはストラッシュで、バイマッハだけを取り扱っているのがSASALA(ササラ)です。

ルミクスツインやバイマッハの性能に関しては以下のページをご覧ください。





脱毛サロンの選び方【超重要③:脱毛範囲】

脱毛サロンの選び方として脱毛可能な範囲も超重要である

重要度:4.5

脱毛範囲をあらかじめチェックするのも超重要です。

もし脱毛料金と脱毛機器だけチェックして、「安いし効果ある!」と思って契約してしまうと以下のようになる可能性があります。

脱毛サロンを選ぶときは脱毛範囲も重要①

脱毛サロンを選ぶときは脱毛範囲も重要②

脱毛サロンを選ぶときは脱毛範囲も重要③

全身脱毛だからといって全身の脱毛ができるわけではないのです。

脱毛範囲は脱毛サロンごとに独自の脱毛範囲を設定しています。

つまり同じ「全身脱毛」でも、A脱毛サロンの全身脱毛と、Bサロンの全身脱毛では、脱毛範囲が異なるのです。

脱毛サロンを選ぶときは脱毛範囲も重要④

とはいっても腕や脚が全身脱毛に含まれていないことはないので、特に「VIOライン・顔」が全身脱毛に含まれているかをチェックしてみましょう。


3大重要ポイントのまとめ

  • 「脱毛料金・脱毛機器・脱毛範囲」の3つのチェックは必須
  • 脱毛料金は安いほど効果も高いことが多い
  • 脱毛機器は最新なモノほど効果が高い
  • 脱毛範囲はチェックしないと後悔する可能性がある(特に顔・VIOライン)

脱毛サロンの選び方【重要ポイント2つ】

脱毛サロンの選び方としてキャンセル料と知名度も重要

3大重要ポイントと比べると重要度は下がりますが、無料カウンセリング前に把握しておくことをおすすめします。

脱毛サロンの選び方「重要①:キャンセル料」

脱毛サロンの選び方としてキャンセル料も重要ポイント

重要度:3.5


キャンセル料とは?

キャンセル料とは、脱毛の契約後に予約を急にキャンセル(ドタキャン)した場合に科せられる料金です。ほとんどの脱毛サロンではドタキャンに対してのペナルティがあり、ペナルティの内容は脱毛サロンによって異なります


キャンセル料のペナルティとは簡単に表すと以下のようなペナルティです。

キャンセル料
ストラッシュ 前日20時までに
キャンセルしないと
1回消化扱い
キレイモ キャンセルに
対してのペナルティ
なし
銀座カラー 2,000円
(回数無制限コース)

ストラッシュであれば、前日の20時までに「明日予定入ったので予約キャンセルでお願いします。」などの連絡をせずにドタキャンしてしまうと、脱毛1回分が消化扱いとなってしまいます。

脱毛1回分が消化扱いになると、全身脱毛18回で契約していた場合、全身脱毛を17回しか受けられなくなってしまいます

全身脱毛は1回1万円以上はするので、脱毛1回分が消化扱いになるのはかなりの痛手です。

このような損失を避けるためにもキャンセル料やキャンセルの条件を把握しておくことは重要です。

キレイモのようにペナルティがなかったり、銀座カラーのように2,000円の料金を支払う必要があったりとキャンセルに対してのペナルティは脱毛サロンによって様々です。

※多くの脱毛サロンは「ドタキャンすると脱毛1回消化扱い」というペナルティでした。

脱毛サロンの選び方「重要②:知名度」

脱毛サロンを選ぶときは知名度も重要なポイント

重要度:3.5

知名度は安心感を得るうえで重要なポイントとなります。

脱毛料金と脱毛機器、脱毛範囲がわかってお得な脱毛サロンと思っていても、検索して口コミも出てこない、ホームページの情報も少ないとなると安心できそうにはないですよね。

脱毛は毛根部分を照射する(肌に熱を加える)ため、もし素人が脱毛機器を扱うと最悪の場合やけどになって跡が残る可能性もあります(ごくごく稀です)

ちなみに300店を比較しているときに以下のような高額な脱毛サロンも存在しました。


有名な脱毛サロン
  • ルネサンスという脱毛機器を使用
  • 全身脱毛18回料金が30万円
有名ではない脱毛サロン
  • ルネサンスという脱毛機器を使用
  • 全身脱毛料金18回が130万円

なんと全く同じ施術内容、脱毛回数にもかかわらず脱毛料金が100万円も違ったのです。

知名度が高い脱毛サロンには知名度が高くなるだけの良さがあるので安心ですが、無名で他人が運営している脱毛サロンは避けるのが無難です。

脱毛サロンの選び方【知っておいて損はない】

この項目から脱毛サロンを選ぶ重要度は下がるので、テンポよく解説していきます。

みかさんみかさん

最後に「ひっかかりやすい注意事項」も解説しているから最後まで見てね!

シェービング代をチェック

重要度:3.0


シェービング代とは?

シェービング代とは、剃毛してもらった時に発生する料金のことです。脱毛するときは毛は剃った状態で行かなければなりませんが、背中やうなじ、IOラインなど自分で剃毛しにくい部分に関してはシェービングしてもらう必要が出てきます。


シェービング代はほとんどの脱毛サロンで無料です。

ただし、明らかに故意な剃り残しが多いとシェービング代が発生する脱毛サロンがほとんどです。

有効期限をチェック

重要度:3.0


有効期限とは?

有効期限とは、脱毛できることが保証されている期限のことです。
例:全身脱毛18回、有効期限2年の場合
2年を過ぎるとたとえ残り5回の脱毛が残っていたとしても脱毛が受けられなくなります。


有効期限は脱毛のことを忘れず普通に通っていれば、まず過ぎることはないので重要度は低めです。

予約の取りやすさをチェック

重要度:3.0

知名度の高い脱毛サロンは予約が取りにくいことがあり、特に土日祝に脱毛の予定を入れることが難しくなります。

ただずっと予約が取れないということはないので重要度は低めです。

営業時間と休みをチェック

重要度:2.5

ほとんどの脱毛サロンの休みは不定休で基本的には年中営業していますが、火曜日が定休日の脱毛サロンなどもあるので念のためチェックしておきましょう。

返金保証をチェック

重要度:2.5

ここまで脱毛サロンの選び方を見てくださっているので、基本的に後悔するような結果にならないと思いますが、念のため返金保証があるのかチェックしておきましょう。

脱毛サロンの選び方【あまり重要ではない】

カウンセリング代と体験脱毛代をチェック

重要度:2.0

カウンセリング代はほとんどの脱毛サロンが無料ですが、体験脱毛代は数千円の料金が発生する脱毛サロンがあります

店舗移動できるかをチェック

重要度:1.5

お仕事の都合上、異動の可能性がある人は他府県の店舗に移動ができるのか念のためチェックしておきましょう。

支払方法をチェック

重要度:1.5

支払方法はほとんどの脱毛サロンが同じで、現金・カード・分割・ローンに対応しています。

特に調べなくてもいい項目です。

みかさんみかさん

じゃあ最後に「ひっかかりやすい注意事項」を解説するわよ!

こんなPR文には注意2選

脱毛サロンの選び方として不要な情報は無視!

①「○○部位脱毛可能」というPRに注意!

あなたはもし以下の2つの脱毛サロンがあればどちらを選択しますか?

脱毛サロンを選ぶときの注意事項として脱毛可能部位で範囲が広いと思ってはいけないことを示した画像

一見、Bサロンのほうが脱毛可能部位が多いのでお得のように感じてしまいますが、脱毛可能部位が多い脱毛サロンは身体のパーツを細かく分けているだけの場合もあります。

「頬」だけなら1部位ですが、「頬」を頬上、頬中、頬下のように3等分して、脱毛可能部位の数を増やしているだけです。

つまり「○○部位脱毛可能」というPR文を気にしていても意味がないのです。

②「月額が安い」というPRに注意!

脱毛のコースには大きく分けて「月額制」「回数制」「回数無制限コース」の3つがありますが、「月額制」だけはおすすめできません

300店を比較した結果、月額制がお得な脱毛サロンはたったの1店もなく月額制で契約すると脱毛料金が高くなったり、脱毛が終わる期間が長くなるなどデメリットだらけです。

月額制の仕組みやおすすめできない理由に関しては以下のページをご覧ください。



ちなみに300店比較して一番おすすめだった脱毛サロンはどこ?

300店を比較した結果に関しては以下のページでランキングにしています。



上記ランキングページでは、このページで解説している「脱毛サロンの選び方」を参考にした、おすすめ脱毛サロンのみを紹介しています。

脱毛を考えている人はぜひご覧くださいね。

まとめ

脱毛サロンを選ぶときに必ずチェックすべきなのが以下の3大重要ポイント!


3大重要ポイントのまとめ

  • 「脱毛料金・脱毛機器・脱毛範囲」の3つのチェックは必須
  • 脱毛料金は安いほど効果も高いことが多い
  • 脱毛機器は最新なモノほど効果が高い
  • 脱毛範囲はチェックしないと後悔する可能性がある(特に顔・VIOライン)

重要ポイント2つもチェックすべき!


重要ポイント2つのまとめ

  • キャンセル料
  • 知名度

以下は慎重な人のみチェック!


特に重要ではないポイント

  • シェービング代
  • 有効期限
  • 予約の取りやすさ
  • 営業時間と休み
  • 返金保証
  • カウンセリング代と体験脱毛代
  • 店舗移動できるか
  • 支払方法

以下のようなPR文は無視してもOK!


注意事項まとめ

  • 「○○部位脱毛可能」は無視してもOK!
  • 「月額が安い」は無視してもOK!

脱毛は本当に良いモノなので、良い脱毛サロンを選んで満足いく結果にしてくださいね。



この記事があなたの役に立てれば嬉しいです。